ギフト用途別


内祝いギフトの総合サイト:ギフトナビ

ギフトナビは全国のギフトショップ情報から内祝い、ギフトに特化したWEBショップの口コミ人気ランキングを掲載するギフトのポータルサイトです。

内祝いとは

出産内祝い、結婚内祝い、初節句内祝い、新築内祝い、入学内祝い、成人内祝い、就職内祝い。人生の慶びのシーンに昔ながらの内祝いの習慣。 何かおめでたい事がありお祝いを頂いた後、そのお返しとして内祝いが贈られる事が多いです。

内祝いの本来の意味

内祝いとは慶事に貰ったお祝いへの返礼というとらえ方が現在では一般的になっているようですが本来は 「内祝」は、「内々のお祝い」の意味で、お赤飯やお餅などを配り、出産・結婚・新築・長寿など身内のお祝い事をお世話になった方々におすそ分けするものでした。 今では、お祝いのお返しと捉えられていますが、本来の内々の喜びを分かち合うと言う“感謝”の気持ちは忘れずに贈りたいものです。

内祝いを贈るタイミング

本来の意味からすると、慶事があれば、お祝いを頂くより先に内祝いを配るの事が当たり前でしたが、 現在ではお祝いをもらってからお祝いに対するお返し品と捉えられていることから お祝いを頂いたあとで、一ヶ月以内には内祝いを贈りましょう。最低でも2ヶ月以内にはお返しをしなければ先方に何かあったのでは?と逆に気を使わせてしまうこともありますので なるべく早めにお返しをしましょう。

内祝いの相場

内祝いの相場は頂いた額の半額を相場と考えましょう。今後も付き合いのある大事な方々からのお祝いに対してあまりにも安いお返しをすると今後の付き合いにも支障がでますので きっちりとした対応を心掛けましょう。但し相当多い額を頂いた場合で、お爺ちゃん、お婆ちゃんや、ごく親しい方からの場合はそのまま半返しにすると他人行儀だと思われたり 逆に気を使わせてしまうこともあるので、その場合は感謝の気持ちがしっかり伝われば半返しにこだわる必要は無いでしょう。


「しきたり」とは

「しきたり」とは「仕来り・為来り】と記され「しきたる」【仕来る/為来る】(昔からしてきたこと)、が「しきたり」という言葉になりました。
「風習」「慣習」「伝統」などの意味と同義ですが「儀式」などの場合には「しきたり」という言葉を使うことが現代では当たり前となっているようです。
簡単にいえば、昔からしてきたことが「しきたり」で、地域で「しきたり」が違うのはしてきたことが違うので当然ですね
「贈答のしきたり」とは贈る側と贈られる側との人間関係と地域のしきたりを考えて、人間関係を円満に行うための昔からの知恵です。内祝いも昔からの「しきたり」の一つと言えます。

入学祝いのお返しランキングはこちら

新着ギフトサイト

レモールの通販サイトイメージ 還暦祝いプレゼント:還暦祝い館イメージ 還暦ギフト.com/還暦祝いの専門店イメージ 還暦祝い、還暦プレゼントは還暦祝い本舗イメージ


ギフトサイトの推薦、登録は下記よりお願い致します。