ギフト用途別


お中元の由来

お中元の歴史は古く、古代中国の道教がもとになっていると言われています。 上元・中元・下元を三元と呼び、暦を三つにわける節目にあたり道教での祭日です。 中元は日本に伝わり、お盆の行事と混じりあいながら7月15日に仏様へのお供物を親類や 隣近所に贈る習慣ができました。 その為、地方によっては、今でも「お中元」とはいわず「盆供」や「盆礼」と呼んで呼んでいるところもあるようです。 その後、1年の半ばにあたる中元の7月15日に一年を半期に分けて盆と暮に区切り商い先やお世話になった人に贈り物をする 習慣ができ、江戸時代になって庶民一般の贈答行事へと広まりました。