ギフト用途別


雛祭り(桃の節句)の由来

三月三日(上巳)に行われる節句を、雛祭り、桃の節句といいます。 現在のように赤い毛氈を敷き、段を作って飾るのは江戸時代中期以降でした。 それ以前は雛人形は単なる人形遊びで時期を定めず遊んでいたようです。 上巳の日は古来厄災を払う吉日と定められていました。紙でできた人形(ひとがた)、あるいは形代(かたしろ)に厄や災いを移して 海や川に流したといわれています。 そしていつ頃からか雛人形と厄災を払う人形とが結びついて現在のようになりました。 雛人形には出生の祝いと子供の健やかな成長、そして良縁に恵まれますようにといった願いが込められているのです。


五月人形、端午の節句はこちら