ギフト用途別


端午の節句の由来

「端午」は「月の初めの五の月」を意味します。政治の中心が武家にあった鎌倉時代、菖蒲(しょうぶ)が「尚武」つまり武を尊ぶ意味にも通じることで 「尚武の節目:としてこの日が重んじられたのです。 江戸時代に入ってから端午の節句は現在のように男の子の誕生を祝う日になり、 男の子の健やかでたくましい成長を祈るようになりました。


「内飾り」と「外飾り」

五月人形には鎧や兜などの「内飾り」と、鯉のぼりに代表される「外飾り」とがあります。 江戸時代、庶民が武家の気風をまねて屋内には武者人形や玩具の鎧兜を、屋外には幟や旗指物(はたさしもの)を模した鯉のぼりを飾ったことに 由来します。「内飾り」「外飾り」ともに飾って、お子様のすこやかな成長と立身出世をお祈りしましょう。
※ここでいう旗指物とは戦国時代に鎧の背中にさして敵、見方を区別するための小旗こと。

鎧兜の呼称

雛人形、桃の節句はこちら